9420免费观看在线电影-9420高清完整版视频在线观看

更新日 2021.11.04(公開日 2021.11.2)

オプション

ルーフレールとは?

ルーフレールとは?

ワンボックスやSUVの屋根上に取り付けられているルーフレール。スポーツやレジャーなど、荷物の多い移動の際には大変重寶するアイテムです。スキー板やサーフボードといった長い道具でもルーフレールがあれば簡単に持ち運びが可能で、アウトドア用品も多く乗せられます。

自動車にルーフレールの取り付ければ、ラゲッジルームに入らない大きさの荷物をでも気軽に持ち運こべるため好む人は多いです。取り付ける際には、どのような車種が適しているのか、メリット?デメリットについて知っておくとより自分に適したルーフレールが選べることでしょう。
今回は、ルーフレールに適した自動車やメリット?デメリットについて解説していきます。

ルーフレールとは?

ルーフレールは、車內を荷物で人の乗るスペースまで占領されないように、大きな荷物を天井に乗せるための土臺となるパーツです。自動車の屋根を利用して、両サイドにレールを固定させることからルーフレールと呼ばれています。

ルーフレールのうえにアタッチメント式のルーフキャリアやルーフボックスを取り付ければ、スキー板やアウトドア用品などのアイテムを積載が可能です。最近は、荷臺としてだけでなくオシャレとしてルーフレールを取り付ける人も増えています。

ルーフレールの種類

ルーフレールの種類

ルーフレールといえば、ワゴンタイプやSUVの上に取り付けられていることが多いです。各メーカーではオプションとしてルーフレールが販売されています。

ルーフレールは、大きく2種類のタイプがあるのでそれぞれの特徴を挙げていきます。

ルーフレール

屋根とレールの間に隙間ができるものが一般的なルーフレールです。ルーフレールを上下からクランプ使いベースキャリアを固定します。

ダイレクトルーフレール

従來のルーフレールの進化系として登場したものがダイレクトルーフレールです。屋根とレールに隙間がない分、見た目にもスッキリしています。オシャレ感覚でダイレクトルーフレールをつける人も増えましたが、値段はルーフレールより割高です。

ルーフレールの裝著が適している車種

前述にもありますが、ルーフレールはワゴンタイプやSUVといった車種に多く付けられています。

それでは、ルーフレールの裝置に適している車種を挙げていきます。

トヨタ ランドクルーザープラド

トヨタ ランドクルーザープラド
出典:https://toyota.jp/landcruiserprado/gallery/?padid=from_landcruiserprado_top_gallary_exterior#des-ext

ランドクルーザープラドといえば、オフロード車のなかでも日本だけでなく世界的に人気の高い自動車です。悪路に対応するだけでなく、アウトドアやレジャー、街乗りにもぴったりな自動車なので、ルーフレールを裝著することを前提に購入する人も少なくありません。

マツダ CX-5

マツダ CX-5
出典:https://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/feature/#performance

マツダCX-5は、クロスオーバーSUVとしてトヨタハリアーと人気を二分する自動車です。スタイリッシュな外裝と広い車內空間、力強い走りで長距離移動にもピッタリです。旅行は荷物は多くなりがちですが、ルーフレールを取り付けることが可能で室內の広さを維持することができます。

ルーフレールをつけるメリット

ルーフレールをつけるメリット

ルーフレールをつける最大のメリットは、やはり荷物をたくさん乗せられることです。

車內は、ハンドルやシート、ダッシュボードなどさまざまな裝備が施されています。大型のオフロード車やSUVでも、スキー板やテントや椅子などのキャンプ用品を車內へ収納しようとすればシートを倒したりフラットにするなど収納場所を確保しなければなりません。また、乗車定員を減らしたり車內が煩雑になる恐れもあるのです。

一方、ルーフレールがあれば、シートを占領することもありません。大家族での移動も快適で、見た目もスッキリした狀態で大量の荷物を運ぶことができます。

ルーフレールをつけるデメリット

メリットがあれば、それが場合によってはデメリットに繋がることもあります。

ルーフレールは屋根の上に直接取り付けるため、車種によっては高速で風切り音が聞こえることがあります。また、ルーフレールの高さ分だけ車高が高くなるため、屋根のある駐車場や高架下など高さ制限のある場所の通行不可となる可能性もあります。

ルーフレールの選び方

ルーフレールは利便性に富んだアイテムですが、選び方を間違えてしまうと取り付けたことを後悔するおそれもあります。愛車に合ったルーフレールを選ぶためのポイントを抑えておくことが重要です。

それでは、自分にあったルーフレールの選び方をみていきます。

車種とサイズのあったルーフレールを選ぶ

最近では、インターネットからでも気軽に購入ができるルーフレールですが、自動車の寸法をよく確認せずに購入するのは危険です。サイズが合わないルーフレールを無理矢理取り付けようとすれば、自動車に傷を入れたり走行中に落下する恐れもあるので、必ず車種やサイズを確認して購入しましょう。

取り外し可能なルーフレールを選ぶ

ルーフレールには、固定タイプと取り外し可能なタイプかあります。オフロード車やSUVはルーフレールに対応しているものが大半ですが、なかにはルーフレールを取り付けることで全高が変わり車検の際に取り外さないと合格しない場合もあるのです。そのため、取り外しが自分でもできるタイプのルーフレールを選びましょう。

耐久性があり錆に強いタイプを選ぶ

価格を優先するのは決して悪いことではありません。しかし、ルーフレールは車外に取り付けるパーツです。安さだけで選んでしまうと耐久性に乏しかったり、雨や雪による錆が発生する恐れもあります。

安さにだけ囚われず、購入する際には耐久性や素材をよく確認しておきましょう。

ルーフレールは車両購入時につけるのがおすすめの理由

前述にもありますが、ルーフレールだけでは荷物を乗せることはできません。ルーフレールは、自動車の両サイド縦に取り付けられたパーツです。ルーフレールにクロスさせて取り付けるルーフキャリアやそのうえに乗せるルーフボックスなどが必要です。

純正のルーフレールは基本的にメーカーオプションとなります。新車を購入する際に、注文しておかなければディーラーで取り付けることはできないため自動車を購入するタイミングで取り付けましょう。

まとめ

まとめ
出典:https://toyota.jp/landcruiserprado/gallery/?padid=from_landcruiserprado_top_gallary_exterior#des-ext

今回は、ルーフレールに適した自動車やルーフレールをつけるメリット?デメリット、裝著のタイミングについて解説してきました。

アウトドアやレジャーを楽しむ目的だけでなく、オシャレ感覚でルーフレールを取りつける人は増えています。最近では、オフロード車やSUVに取り付けられたルーフレールは車種に合ったカラーや素材が使われていて違和感はありません。外注品のラインナップも豊富で自分で取り付ける人も増えました。

荷物が多く乗せられたりオシャレ感覚で付けられる反面、燃費が悪くなる可能性もあることを理解しておく必要があります。取り付ける際には自分で取り付けると車の安全性に問題が生じたり車體を傷つけてしまう恐れもありますので、新車を購入する際のオプションとしてメーカー側で取り付けてもらうことをオススメします。

この記事をシェアする

この記事の執筆者

小嶋 啓意

クルカ営業部のGMを務める小嶋です。新卒から自動車業界一筋15年のキャリアがあります! 大學卒業後、某大手國內ディーラーの営業職を経て、クルカに入社しました。 自動車業界のキャリアの長さは社內屈指。「車といえば、小嶋さん」と社內で言われるレベルの車好き。車は三度の飯より大好きです! ディーラーや現職の営業経験を生かした車選びのご提案が得意です。長年の経験から、お客様にとって最適な1臺をご用意いたします。 営業時代は商品のスペックを理解し、お客様に提案することをモットーにしましたので、自動車のスペックに精通しています。 弊社Youtubeチャンネルでは、車選びの知識やクルカで取り扱っている車種の解説もしています。 ぜひ車選びの參考にしてみてください! →YouTubeクルカ公式チャンネル

関連コラム

條件?用途から車を選ぶ

お問い合わせ

私達にお任せください!

分かりやすく丁寧にご案內いたします!

PAGETOP

9420免费观看在线电影-9420高清完整版视频在线观看 4399高清电影韩国电影
秭归县| 莱芜市| 温宿县| 淮南市| 资源县| 离岛区| 石台县| 唐河县| 武功县| 稷山县| 高青县| 龙门县| 宣城市| 灯塔市| 白山市| 三都| 木里| 涟源市| 宁波市| 阿拉善右旗| 西丰县| 沽源县| 祥云县| 玉门市|